ブームじゃない!本当に売れてます!
★アコーステックギターの情報はこちら★

中島みゆきさん

ヤマハ N-1000 後期モデルです。

ヤマハ N−1000

 

 

 

 

 

 

前期モデルは、バック サイドはハカランダの合板でバックは3ピースの仕様でした。

後期もでるは,オール単板仕様になったのですがハカランダではないのですね。

でも,オール単板はやはり魅力です。

パリサンドルのバックとサイドでバックは2ピース 初期のモデルはバックが3ピースでした。

久しぶりにちょっと弦を張り替えるときに サドルを牛骨に交換して見ました。

オクターブ調整? も やすりをかけ2弦と5弦の所をすこし削って見ました。

オリジナルは残してありますので!!!

サドルを交換して新しい弦に変え20分ぐらい弾きます。

弦もなじんでボディも箱鳴りがして やはり 爆音状態!!!

何でこんなに鳴るのか???感動しましたよ!!!

ギター@ビンテージギター

 

人気blogランキングへ

 


ブックマーク
応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ
カテゴリー
最新コメント