ブームじゃない!本当に売れてます!
★アコーステックギターの情報はこちら★

エレアコ

私の自慢のコレクション 今日は、ヤマハ ダイナミックギターの紹介です。

ヤマハ ダイナミックギター 黒ラベル NO4

シリアルナンバー 41225

 ヤマハD1ヤマハD2










 

かなり古いフォークギターですよ、ヤマハが作った初めての鉄弦の

フォークギターです。  

まずこのギター表板が細かく目の詰まったスプルース単板

全体にあめ色に日焼けしていて渋い事に表板全体にラッカークラックが

細かく入っていていかにもオールドギターの雰囲気を漂わしています。

まさしく ヤマハのビンテージギターです。

 サイドバックはまた渋い事に、トラ杢が入っていて眺めているだけでも

 いい感じです。

材質は判りません。 たぶんメイプル?です?

トラ杢は,見る角度により微妙に変化し不思議な木目ですよ。

本当に素晴らしいです。

ダイナミックギターの中では、かなり初期に作られたものだと思います。

 黒ラベルは、なかなかないですよ。また0フレットになっています。

やっさんの自慢のフォークギターです。 

ギター@ビンテージギター


シャーベル  CEA−398

CHARVEL

 

 

 

 

Charver  CEA−398

シャーベルエレアコです。シリアルナンバー700392

610mmスケールの可愛らしいトラベルサイズのエレアコです。

でも凄いのがフィッシュマンのピックアップ AG125を採用しています。本格派ですよね!!!

薄いボディにきれいなチェリーサンバーストカラーがきれいですね!!!

さすがに生音ではウクレレのような音色?でも何となく愛嬌のあるギターでした。

でも買えませんでした!?写真と試奏だけ御免なさいませ!!!

ギター@ビンテージギター

人気blogランキングへ

Blue Bell W−1500 超レア

ブルーベルW15


 

 

 

 

1970年代中期から後期に製造されたブルーベル W−1500です。

トップはジャーマンスプルース単板 サイド バックは素晴らしい木目の

ハカランダ単板が使用されています。

私の一番好きなメーカーで今ではあまり見かける事はなくなりました。

Blue Bell というメーカーは、フォークギター フラットマンドリン 

バンジョーを製作されていたメーカーで本当にいい材料を使い当時マーチン

ギターをコピーをするメーカーが多く偽者の貝のインレイとかを使い豪華に

見せかけたメーカーが多くある中、装飾にこだわらないオリジナルギター

を作るメーカーでした。

装飾にお金をかけるよりフォークギターは材料 職人わざ 音色が大事

そんなところが私が気に入った理由なのですがやはり フォークギター

何と言っても音色ですよね!!!

鈴なりです!!!これは!!!

まさしく本物です!!!

ギター@ビンテージギター

人気blogランキングへ

ヤマハ ダイナミックギター NO4

ダイナブリッジ

 

 

 

 

ヤマハ ダイナミックギター NO4

ブリッジの写真です。材質はわかりません。

クラシックギターのようなブリッジですね

鉄弦が張れるのです。

ブリッジの中央には丸い貝がはめ込んであります。

この貝の下にはねじが入っています。

サウンドホールから手を入れますとねじが貫通していました。

サドルの部分丸棒のプラスチックが半円の溝に置いてある

作りです。溝よりもサドルの方が短いです

サドルも経年変化で象牙のような素材に見えてしまいます。

ストリングピンのないブリッジもなかなか良い雰囲気ですね

この辺も ダイナミックギターの音色の秘密の部分かも???

ギター@ビンテージギター

 


ヤマハ ダイナミックギター NO4

ダイナホール

 

 

 

 

ヤマハ ダイナミックギター NO4のサウンドホールの写真

です。あめ色に焼けた表板に目の詰まった木目 また全体に

細かいラッカークラックがこのギターの歴史を感じさせられます。

サウンドホールの回りの装飾も凝っています。貝でしょうか?

きらきらと輝いています。

サウンドホールから見えますブラックラベル

YAMAHA のよこに ピアノのマークが印刷されていて

金色でダイナミックと書かれギターは白色で印刷されています。

その下には PAT NO 187400

NIPPON GAKKIと金色で印刷されています。

白いラベルの ダイナミックギターはまだ時々見かけますが

ブラックラベルのダイナミックギターはもうなかなか見かける

事は無くなりましたね!!!

PAT NO 187400について バイオリンとかチェロとかと同じ様な音の出し方をブレイシング,力木

で再現させ,音勢力の損失抵抗を最小限に押さえるこのやり方でパテント 特許を取っているそうで

す。 独特のブレイシング ヤマハ ダイナミックギター小さなボディサイズからとは思えない音量

音色!!!ヤマハさん 凄いですね!!!謎の名器ですね!!!

ギター@ビンテージギター


ヤマハ ダイナミックギター NO4

ダイナヘッド

 

 

 

 

写真は 私の所有していますダイナミックギター

のヘッドの部分です。

ペグはさびもありますが当時のオリジナルです。

鉄弦が使えるタイプです。

写真では判りにくいのですがナットの部分が木材

です。普通はプラステック とか高価なフォークギター

などは、牛骨 ブラスとかが使われていますよね。

また0フレット仕様になっています。

ダイナミックギターの中でこの仕様は初期に製作

されたものです。

ギター@ビンテージギター

 


ヤマハ ダイナミックギター

黒ラベル NO4

ヤマハD1ヤマハD2

 

 

 

 

 

 

ヤマハ ダイナミックギター 謎?

ボディサイズに似合わない大きく枯れた音色

古いからよく木材も乾燥しいいコンディションなのかもしれませんが

弦の交換する時に表板のブレーシングはどんな配置になっているのか

手探りで調べました!!!

サウンドホールの上側に横方向に一本

サウンドホールの下側に横方向に一本

中心に縦方向に薄く細めのが一本

サドルの端の裏側にサドルを挟むように、>−<

これだけ???

ボディ表板裏面のブレーシングは弦の張力による表板の変形を

防ぐためと、ブリッジで受け止めた弦振動をボディ全体に伝える

ため それからブレーシングの配置 材料 形状によりサウンド

が決まる重要な部分です。

それがシンプルすぎますがこれが良く鳴る秘密かも?

TACOMAというメーカーのギターよりもシンプルですね。

フラットマンドリン ピックギターもシンプルですよね

ギター@ビンテージギター


ビルローレンス ストラトキャスター

ギター@ビンテージギター

ビル

 

 

 

 

 

 

ビルローレンス ストラトキャスター

いつ頃製作されたものか判りませんが

ある古道具屋さんに、ぽつんと1台置かれていた物

です。木目の美しさとナチュラルフィニッシュに引かれ

衝動買いしてしまいました。

このエレキギター後から調べるとモリダイラ楽器で製作

されているエレキギターなんですね!!!

知らずに買うとは、また古道具屋さんなので試奏できず

家に帰ってアンプにつなぐまで鳴るのかどうか判りません

でもエレキギターの状態も綺麗で大丈夫だろう?

アンプにつなぎ音が出たのでほっとしました。

ギター@ビンテージギター

 


茶木 ピックギター P-2

ギター@ビンテージギター

茶木

 

 

 

 

思わず写真撮らしていただきました。

茶木のピックギター P−2 得注品が、ある楽器店で

見かけまだ製作されているんですね!!!

懐かしい ピックギターあれ?茶木?

茶木のピックギターと言えば 関西最強ブルースバンド

憂歌団 内田勘太郎さんのピックギターですよね!!!

ぼろぼろになるまで弾きこまれあの渋い渋い音色が出せる

のでしょうね!!!

茶木はウッドベース チェロとかも手作りされていますが

私のすぐ近くの京都市内で製作されています。

ギター@ビンテージギター

人気blogランキングへ


Aria ProREV−SOUND SERIES

RS−600 MODEL シリアルナンバー 119006

ギター@ビンテージギター

アリア01アリア02

 

 

 

 

 

 

Aria Pro供。劭咫檻僑娃

このエレキギターも30年以上前のエレキギターです。

なんと言ってもこのエレキギター凄いのがボディとネック

との継ぎ目がない!!!

スルーネックなんです!!!ヒールレスでハイポジションでも

すごく弾きやすいエレキギターです。

ストラトタイプのARIAオリジナルボディーがいい雰囲気です!!!

サウンドも多彩で色々な音色の調整が出来ます。

まさしくジャパン ビンテージですね!!!

ギター@ビンテージギター

 


BOSS CS-2  コンプレッション サスティナー

シリアルナンバー 333200

BOSS CS-2

 

 

 

 

この エフェクターかなり古い物ですが、

楽器店とかでは時々目にします。

クリアなサステーンが気持ちよい感じです!!!

この エフェクターも実は友人の借り物です。

新しい エフェクターがたくさん出ていますが

古い エフェクターを,愛用されている方も

たくさんおられます。

やはり こだわりと言う事でしょうね?

ギター@ビンテージギター

 


グヤトーン PS−103 コンプレッサー

シリアルナンバー 804500

グヤトーン PS-103

 

 

 

 

この エフェクターもかなり古い物です!!!

今から 30年位前に購入したものです!!!

音を歪まさないクリーンなサステーンが欲しくて

その当時 流行した ラリーカールトンの曲をコピー

しようと思い使い出しました、、、が、コピー出来ません

私には、難し過ぎました。

その為 この エフェクターは、古い割には綺麗です。

もちろん今でも使える現役 エフェクターです。

ギター@ビンテージギター

 


Maxon FL-301 フランジャー 

シリアルナンバー 91252

MAXSON FL−301

 

 

 

 

Maxon FL-301

この エフェクターもかなり古いモデルです。

今から30年位まえに、購入したものです!!!

あまり使っていませんので、古いわりに綺麗ですよ!!!

この エフェクター アナログならではの、ず太く深みの

あるフランジング効果から繊細で暖かなコーラス ビブラート

的なサウンドまで多彩な演出ができます!!!

古いものでも今でも現役で使える エフェクターです。

ギター@ビンテージギター


ヤマハ APX-36DSTヤマハAPXヤマハ APX−2                                                     

 

 

 

 

 

 

このエレアコ サイドとバックにきれいなトラ杢がはいり、いい

感じですが、すごいのが変幻自在ステレオサウンド!!!

アンプを2台使い弾いてみると立体感あふれるステレオサウンド

が!!実現!!エレアコすごい!!超ミラクル!!

APXモデルの中でディープボディでノーマルボディーと比べ

約15ミリ厚い深胴ボディで生音でも十分よく鳴りますよ!!

ギター@ビンテージギター


ブルーベル ギター

BlueBell ギター

 

 

 

 

 

 

Blue Bell ギター今から30年以上前に作られていた国産のメーカー

で、その頃国産では、モーリス ヤマハ 東海 ヤイリなどのメーカー

が、よく流行っていたと思います。Blue Bellは、あまり知られていない

メーカーだと思います。当時フォークギター、フラットマンドリン、バンジョウを

製作され、ブルーグラスをされていた方には、人気があったと思います。

Blue Bellギターのハカランダモデルは、今では、本当に珍しく当時の

価格の2倍以上の金額で販売されています。

私のBlue Bell F-200 シリアルナンバー502522は、シリーズの

中で一番価格の安いモデルですが、音色は低音から高音までバランス

がよく、オール合板にもかかわらず素直な音色です。

噂で聞いた事があるのですが、当時の合板はスプルースの3枚合わ

せ、今の合板は、スプルース、真中はラワン材、スプルースの3枚

合わせでその為か判りませんが、音色が良いのでは???

本当にいい感じ!!!

ギター@ビンテージギター

 


ブルーベルギター

BlueBell ギター

 

 

 

 

 

 

私が一番好きで思い出のあるフォークギターが、

Blue Bell F-200です。

ラジオ番組で頂いたフォークギターですが、30年以上弦張りっぱなし、

サウンドホールは、大きいほうがいい音がする。当時の噂で

サウンドホールを削ってみたり、またサウンドホールの下に

50円コイン位の大きさの2つ目のサウンドホールを作ったり

また、表板の塗装が薄い方が良く鳴ると思い水ペーパで研いだ

り、今ではなぜこんなギターを痛めつけたのか後悔しています。

フォークギターが、本当にかわいそう 堪忍してください

ギター@ビンテージギター


BlueBell ギター

 

 

 

 

 

 

Blue Bell  ギター F-200です。

私の一番のお気に入りのフォークギターです。

私が、中学1年の時に、かぐや姫、吉田拓郎など、フォークソング

が流行し私も何とかフォークギターがほしい弾いてみたいと、憧れ

ました。しかしおこずかいでは、なかなか購入できず、その時の

よくきいていたラジオ番組のプレゼントにフォークギターのプレゼン

トがあり、なんと見事に当選しBlue Bell ギターを、手に入れる事

が出来ました。高石ともやとザ、ナタシャーセブン 諸口あきらの

深夜ラジオでした。本当に嬉しかったです。

今から30年以上前のことです。

ギター@ビンテージギター


ヤマハ N-1000 中島みゆきさんが弾いていたN-1000は、

ヤマハのオーダーで1本だけ作られたそうです。

初期モデルは、 サイド バックは、ハカランダバックは3ピース

合板ですが???中島みゆきさんの弾いていた特別注文の

N-1000は、ハカランダの単板仕様かも???

私のN-1000は、後期モデル シリアルナンバー11013です

白鳥貝のインレイが、きれいで音色、見た感じが、本当に惚れ惚れ

する存在感のあるギターと思います。

なぜか、人気がなかったようで,Nシリーズは、短命に製造が終わり

ました。

でも、製造された数も、少なく貴重品である事には違いないと思います。

大事に弾きこんで行きたいフォークギターです。

ヤマハのフォークギター N−1000 中島みゆきさん 福山雅治さん

歴史が出来ました。ありがとうございます。

 

ギター@ビンテージギター


ヤマハ ダイナミックギター 黒ラベル NO4

ダイナミックギターのボディーの大きさは、クラッシックギター

ほぼ同じくらいの大きさ、厚みも?です。

私のダイナミックギター ブラックラベル NO4 は、オール単板

らしく??? また古いギターにしては、保管状態も良かった

為なのか。本当に枯れたいい音色がします。

低音も太く鳴り、高音もきれいな音です。

ピックで弾くより、指でスリーフィンガー、アルペジオで弾く方

が、雰囲気的にもいい感じです。

今では、程度の良い ダイナミックギター を見つける事は、

不可能かも? 大切に可愛がっていつまでもこの音色を

残して行きたい気持ちです。

色々な フォークギターを今まで弾かせて頂きましたが

こんな古い ダイナミックギターがいい音色がするとは?

本当に感動しますよ!!!

本当に ゴンチチさんが演奏された理由がわかるような気が

します。

それから ヤマハ がこんなフォークギターを作られた事に対し

私は、感動しています。

 

ギター@ビンテージギター


ヤマハ ダイナミックギター 黒ラベル NO4

ダイナミックギターの音色について、このギターが発売されていた当時、

専用の弦があったようですが、今ではなかなか手に入れることができま

せん。仕方がないので、ヤマハのライトゲージを使用していますが、

本当はエクストラライト、または、もう少し柔らかい弦を使うほうが

ギターの為にいいのかも? また本来のダイナミックギター

音色がするのかもしれません?

ライトゲージを張った私のダイナミックギターは、初めて弾いた時、本当に

びっくりしました。 何でこんなに大きな音がするのか?

また、ボディー全体が胴鳴りする感じ、すごく感激しました。

あの有名なギターデュオ ゴンチチさんが弾かれていた理由が

なんとなく わかったような感じです。

 

ギター@ビンテージギター


ブックマーク
応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ
カテゴリー
最新コメント